【オススメ書籍】ひと目でわかるAzure基本から学ぶサーバー&ネットワーク構築

本記事では日経BPから出版されている「ひと目でわかるAzure基本から学ぶサーバー&ネットワーク構築」を紹介します。
代表的なクラウドサービスのMicrosoft Azureに仮想マシン、ネットワークを構築する際のハウツー本です。

Amazonリンク:ひと目でわかるAzure基本から学ぶサーバー&ネットワーク構築

本の評価

読みやすさ :★★★★☆
分かりやすさ:★★★★★
詳しさ   :★★★★☆

良いところ

本書は代表的なクラウドサービスのMicrosoft Azure(マイクロソフト アジュール)の概要解説および、Azure上に仮想マシンおよび仮想ネットワークを構築する際の手順解説本です。

クラウドとは?Azureとは?の導入から、
仮想マシン構築、仮想ネットワーク構築、仮想マシンイメージの解説、バックアップといった、
クラウドインフラ構築の流れが1から解説されています。

手順は殆どスクリーンショットを交えながら解説されるので、
単純に手順書としての完成度も高いです。

クラウドサービスに興味を持っている方がまず最初に読む本という感じ。
Web UIの操作だけでなくサーバ操作もある程度記載されているので、
ほぼネットワーク専門のエンジニアだった僕には非常に参考になりました。

悪いところ

僕の都合ですが既にAWS(Amazon Web Service)を触っており、
クラウドサービスの基礎は知っていたので、本書ではAzure仮想ネットワークの「サイト間VPN」と「Express Route」を学びたかったですが、ちょうどその部分が解説対象外でした。

基本的に有償サービスは解説していない様なので注意です。
(逆に検証用途の無償/安価なサービスは詳しく解説されています)

VPNゲートウェイは有償サービスですが詳しく解説されています。
(保守用途で必要なことが多いため?)

本の構成

1.Azureの概要

クラウドコンピューティングとは?やクラウド定義、特徴、
SaaS、PaaS、IaaSなどのクラウド種別、
Azureの歴史からAzureのアカウント作成手順まで、
まずはクラウドサービス全体の輪郭の解説です。

クラウドとは?と聞かれた際にちゃんと答えられます。
(実は皆さん結構不安なのでは?僕は不安でした)

2.仮想マシン構築

ストレージやセキュリティ機能、
WindowsおよびLinuxの仮想マシン構築の解説です。

Windowsの日本語化や仮想マシンへのログイン方法、
デスクトップ壁紙にマシン情報を表示するBGinfoなど、
構築後の管理に役立つトピックも豊富です。

WebUI操作解説では使わない仮想マシンを停止して費用削減を狙うなど、
個人の検証用途としても有用な情報がしっかり書かれています。

3.仮想マシンイメージの解説

構成変更を済ませた仮想マシンをイメージ化する目的や、
仮想マシンイメージの作成方法の解説です。

クラウドサービスが謳う「弾力性(Elasticity)」のキモとなる項目です。

仮想イメージを単純にコピーした際の一般化のため、
SysPrepやwaagentの手順も詳しく解説されています。

4.仮想マシンの冗長化

仮想マシンの性能を上げるスケールアップや、
仮想マシン数を増減させるスケールアウトなどの機器性能の冗長化手順。
(あわせてスケールアウトに必要なロードバランサの実装手順解説)

実マシンのロケーションを分ける可用性セットや可用性ゾーンの冗長化手順。
高可用性のファイル共有サービス「Azure Files」の構築手順が解説されています。

5.仮想ネットワーク構築

仮想ネットワークの概要、他サイトからのVPN接続、
仮想ネットワーク同士を接続するVNETピアリングなど、
Azureにおけるネットワーク構築手法が詳しく解説されています。

VPN接続はクライアント側の操作も解説されており非常に親切です。
先述の通りサイト間VPNとExpress Routeは本書の対象外です。

6.バックアップ

オンプレミスのサーババックアップ可能なAzureバックアップや、
Azure上の仮想マシンバックアップであるAzure VMバックアップの解説。

バックアップの準備、実行、復元などの操作が詳しく解説されています。
サーバのバックアップ操作したこと無い方でもスムーズに理解できます。

タイトルとURLをコピーしました