自宅のインターネット・Wi-Fiが遅い理由【原因と対策を解説】

YoutubeやNetflixで動画読み込みが遅い
ZoomなどのWeb会議で自分だけカクカク。オンラインゲームがラグい

そんな時はネットワークに問題がある可能性があります。
インターネットが遅くなる原因と、その対策方法をプロのネットワークエンジニアが解説します。

インターネットのイメージ

インターネットは下図の通り、
自宅のネットワークプロバイダのネットワークで構成されています。

「インターネットが遅い」と感じた時は、
いずれかのネットワークに問題があり、通信が滞ってる可能性があります。

状況に応じて解説していきましょう。

インターネットが常に遅い

インターネットが常に遅い場合、
自宅のネットワークプロバイダのネットワークどちらかが原因な事が多いです。

自宅のネットワークの要因

・Wi-Fiを利用している場合

Wi-Fiは「距離が遠かったり、壁を隔てていると通信が遅くなる」という特性があります。

Wi-Fiの電波は人間の声と似ており、距離障害物で減衰するからです。
電波は金属製の扉やコンクリートの壁によって著しく減衰するため、
Wi-Fiルータと違う部屋に居ると通信が遅くなりやすいです。

部屋ごとに通信速度を測り、確認してみましょう。
回線速度測定リンク

30Mbpsくらい出ていれば殆どの家庭では十分です。

遅い場合の対策は「Wi-Fiルータをアクセスポイントモードで増設」です。

Wi-Fi中継機はLANケーブルが不要ですが、あまりオススメ出来ません。
中継には電波を使うので同じ理由で減衰しますし、中継する段階でスピードが落ちてしまうからです。

もしもWi-Fi中継器使う場合は「Wi-Fiルータと中継器の間に障害物がない」ことに注意しましょう。

・LANケーブルを利用している場合

LANケーブルを利用していても遅い場合、
「LANケーブルの規格が古い」「LANケーブルが痛んでいる」可能性があります。

LANケーブルは規格によって最大速度が異なります。
かなり昔に買ったLANケーブルを使いまわしていると古い規格のままだったりします。
(古い規格では最大10Mbpsなんてこともあり)

高速なインターネット回線で契約していても、
LANケーブルでボトルネックになったら意味がないので、新しいものを準備しましょう。

また、LANケーブルが痛んでいる可能性もあります。
いつもと違うLANケーブルで速度チェックしてみましょう。

プロバイダのネットワークの要因

インターネット回線の利用速度は回線契約に基づきます。
各企業が謳っている最大〇〇Mbps!以上のスピードは出ないです。

凄く重要なことですが、回線スピードは「あくまで最大値・目安値」です。
(ベストエフォートと呼ばれるもの)

各企業の宣伝文句を鵜呑みにすると、
思ったよりスピードが出ない場合もありますので注意しましょう。

インターネットが夜間や休日に遅い

インターネットが夜間や休日のみ遅く場合、
プロバイダのネットワークが原因な事が多いです。

夜間や休日は多くの利用者の通信がプロバイダのネットワークに集中/輻輳し、
通信が順番待ちになってしまいます。

日中/夜間や平日/休日など別条件で回線速度を測定してみましょう。
回線速度測定リンク

この問題の解決には「良いプロバイダに変える」しかありません。

筆者は様々なプロバイダを試しましたが、NURO光をオススメします。

筆者もNURO光を契約していますが、下の画像の通りダウンロードは大体800Mbps以上。
(1秒で100メガバイトのファイルを全てダウンロード可能な速度)
インターネット速度でイライラすることは皆無です。

筆者の回線速度(NURO光)

NURO光のスペック

・ダウンロード速度が最大2Gbps
・サービスでWi-Fiルータ機能付きONU貸与
・おまけでセキュリティ対策ソフトを利用可能

世界最速インターネットNURO 光

※マンションでも戸建てプランが個人的にオススメです。

過去に大手キャリアの光回線サービスなども試しましたが、対応エリア内であればNURO光一択です。
(大手キャリアの光回線は利用者が多すぎるからなのか、休日夜間に遅かったため)
自身が損したことは皆さんには勧めません。

インターネットが不定期に遅い

インターネットが不定期に遅く場合、
自宅のネットワークが原因な事が多いです。

Wi-Fiを利用していて、電子レンジを付けると遅くなったりしませんか?

Wi-Fiは2.4GHz帯と5GHz帯の電波を使って通信しています。
電子レンジが発する波長は2.4GHz帯に被っている上、非常に強力なので、
電波干渉を起こし、通信が著しく遅くなります。

試しに電子レンジを動かしながら回線速度を図ってみてください。
回線速度測定リンク

遅くなった場合、2.4GHz帯の電波で通信しているハズです。

隣人の電子レンジでも電波干渉するほど強力なので、
自宅Wi-Fiでは2.4GHz帯の電波は使わずに、5GHz帯の電波を利用すると良いです。

また、Wi-Fiルータには接続できる台数に制限があります。
家庭用Wi-Fiルータだと20~30台程度しか接続できないので、
家族全員のPC、スマホ、タブレットを接続すると上限を超える場合があります。

そういった場合は、上で解説した様にアクセスポイントを増設し、そちらに繋げることで問題は解決します。

OSやウィルス定義のアップデート時に遅くなる場合は、
インターネットが遅いのではなく端末スペックが原因の可能性もあります。
必要に応じて買い替えましょう。

まとめ

複合的な要因でインターネットは遅くなりますが、
正直、インターネットが遅い場合はNURO光に回線変更すれば殆ど解決すると思っています。
(サービスで付いてくるWi-Fiルータは5GHz帯で通信可能)

本記事で原因が見つかり、快適なインターネット生活となることを願っています。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました