ネットワークエンジニアの仕事内容ざっくり解説

本記事ではネットワークエンジニアの仕事内容や年収例、
未経験からネットワークエンジニアを目指す方に向けた情報も記載します。
ネットワーク技術は世界に欠かせませんし、流行のIoTやDXと非常に親和性が高い業界。
リモートワークやフリーランスなど柔軟な働き方も可能。オススメな職業です。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容はシステム開発工程に沿って、
設計・構築・運用/保守の3つに分類できます。
仕事の忙しさや難易度は「設計 > 構築 > 運用/保守」です。

<設計>
・ネットワークに収容する機器(サーバやパソコン)の台数や必要な回線速度をまとめる。
・ネットワーク機器(ルータやスイッチングハブなど)の種類や台数も決定する。
・帯域要件や対障害性要件をもとに、プロバイダや回線サービスを選定する。
・決定事項をもとに設計書を作成し、構築工程に引き渡す。

顧客からヒアリングした情報をもとに設計に落とし込むため、幅広い知識が必要です。
構築工程のスケジュール管理もする場合があるため、管理能力も必要です。

<構築>
・設計書をもとにネットワーク機器に設定を投入。
・通信ケーブルを配線や、機器同士を接続。
・構成を組んだ後は、機器故障や高負荷を想定したテストを行う。
・設定ミスなどで機器同士が上手く繋がらなかった場合、原因究明を行う。
・運用マニュアルや機器故障時の連絡フローを整備し、運用/保守工程に引き渡す。

机上設計を実際のネットワーク機器に実装(コンフィグ作成)するための知識が必要です。
機器独自の仕様やバグなど、ニッチな知識も求められます。

<運用/保守>
・機器の故障を検知し、予備の機械へ切り替える操作をしたり、システム担当者へ連絡。
・故障した機器は新しいものに交換する必要があるので、交換部材の調達も行う。
・システムは24時間365日稼働し続けているため、それに合わせて運用/保守要員はシフト勤務。


大部分はルーチンワークで成立しますが、
シフトの影響で日勤と夜勤を交互したりする場合もあるので、思ったより体力が必要です。

ネットワークエンジニアの収入例

筆者の身近にいる人を例にしています。
収入も「設計 > 構築 > 運用/保守」です。

設計/構築では年代ごとに下記のイメージでした。
20代:300-400万円 30代:400-500万円 40代:500-600万円 50代:600-650万円
ここにスキル(資格)や役職(リーダー、マネージャ)の手当が付くイメージです。
会社によりますが、スキル&役職持ちは30代で900万円超えてきます。

運用/保守では上の例 -100万円くらいで、スキル手当&役職手当が付きにくいです。
また、年功序列の会社が多いので、上のポスト待ちで出世できない事があります。

ただし、上記はある程度の転職を前提にしています。
ネットワークエンジニアは大ヒット商品を作るような職業ではないので、
年次の昇給や契約更改のみだと、給与の上り幅はそこまでではありません。

高収入を目指すなら「スキル向上 or 上流工程の経験を積んで転職」は意識し続けましょう。

未経験からネットワークエンジニアを目指すには

正直言ってしまうと、「未経験OK」を謳っている会社にノースキルで入社すると、
かなり高確率でブラック職場に連行されます。

未経験OKの会社に入ったら、初めは運用/保守の案件に参画しながら勉強し、
1-2年したら構築案件に切り替えるのをオススメします。

また、最短距離で高収入を狙う場合はベンダー資格のCCNAをいきなり取得し、
「ちゃんと勉強してる有望株」枠で構築案件に参画するのもオススメです。
見える努力をすれば、どんな職場でも一定の評価が期待できます。

ずっと運用/保守を続けるのは、正直オススメしません。
設計/構築は不確定な情報を決めに行くような主体性が求められます。
運用/保守は「マニュアル通り」が基本なので、使う脳みそが違います。
今後AIに代替される候補でもあり、高齢ノースキルで首切りされる可能性もあります。

未経験ネットワークエンジニアにオススメな資格

未経験でネットワークエンジニアを目指す方にオススメな資格を記載します。
資格があれば、自身のスキルを客観的に証明可能。

★★★★★:CCNA

世界最大のネットワーク機器メーカーであるCiscoの認定資格です。
ネットワーク機器はコマンドラインで設定を行うのが主流なので、
知識がない人がいきなり仕事で触るのが非常にハードルが高いのですが、
本資格はコマンドラインも含めて、ネットワーク技術を体系的に学べるのがポイント。
他ネットワーク機器メーカーの機器も、Ciscoのコマンドラインベースで設計されていたりするので、CCNAを持っていれば他メーカーにも対応できます。

★★★☆☆:Linu-C レベル1

世界中で利用されているサーバOSであるLinuxの認定資格です。
職場によってはサーバも含めた「インフラエンジニア」として振る舞うこともあり、
Linuxに詳しいと評価されやすいです。
CCNAに比べて取得難易度が低めなので、短期間で結果が必要な場合にもオススメです。

★★★☆☆:AWS認定

Amazonが提供するクラウドサービスの認定資格です。
クラウドブームのため、オンプレミス環境をクラウドに移行する案件が数多くあり、
本資格を持っていると職場の選択肢を広げられます。
AWS認定自体はAWS知識特化なので、AWS使わない職場では完全に腐ります。
(CCNAやLinu-Cと一緒に持ちたい資格)
本資格も取得難易度が低めなので、短期間で結果が必要な場合にもオススメです。

★★☆☆☆:基本情報技術者試験

IT技術者の国家資格(入門編)です。
幅広い知識を広く浅く学べます。
ネットワーク分野に限ればほんの一部しか学べないので、優先度は低いです。

ネットワークエンジニアに向いてる人

知り合いで高収入を得ているエンジニアの共通点を下記にまとめます。
共通する人はネットワークエンジニアに向いています。

  • 理詰めが得意な人

机上の設計と実際の構築結果で、想定外の不良がある時もあります。
そんな時は疑わしい問題を1つ1つ理論立てて潰しこんで原因究明します。
普段から理詰め思考できる人は活躍できます。

  • 責任感がある人

設計ミスや作業ミスなどで間違いを起こして通信障害を引き起こしてしまった時、
その場から逃げたくなる気持ちを抑え込んで、是正対応や事情説明、事後処理をしなければいけない時もあります。
そんな大変なことを責任持って対応できる人は出世します。

  • 集中力を高く保てる人

設定値を1文字間違えたり、間違った通信ケーブルを抜くだけで大規模な通信障害が発生し、取引先の企業にやユーザーに損害を出してしまう可能性がある業種です。
資料をうまく纏めたり、仕事のバランスをうまく調整して、いつでも高い集中力で作業できる人は高品質な仕事ができます。

まとめ

設計/構築で経験を積み転職すれば高収入を狙えます。
運用/保守に長期間就くのはオススメしません。
未経験からネットワークエンジニア目指すならCCNA資格がおススメです。

タイトルとURLをコピーしました