netshコマンドで素早くIPアドレスを変更しよう

ネットワーク構築の検証やテストでPCのIPアドレスを何度も変更する際に、
GUIからではなくnetshコマンドでIPアドレスを変更すると効率が良いです。
本記事ではコマンド例やバッチファイル例を紹介します。

netshとは

netsh(ネットシェル)Windows OSコマンドプロンプトからネットワーク関係の設定をするためのコマンドです。
IPアドレスの変更、ブリッジ化、無線LAN親機化など様々なコマンドが準備されています。

たとえば検証やネットワーク新規構築において複数のIPアドレス帯からテストを行う際など、PCのIPアドレスを何度も変えることがあります。
そんな時にnetshコマンドを知っておくと、PCのIPアドレス変更を高速に行えます。

本記事ではnetshを利用したIPアドレス変更について解説します。

netshコマンドの構文

設定値

本記事では以下設定値をベースにコマンド解説します。

インタフェース名   :イーサネット
IPアドレス      :192.168.1.10
サブネットマスク   :255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1
DNSサーバ      :192.168.1.1

インタフェース名はipconfigコマンドで出力されます。

コマンド構文

IPアドレス設定(固定)

コマンドプロンプトを管理者として実行し、以下コマンドを入力します。

netsh interface ip set address “イーサネット” static 192.168.1.10 255.255.255.0 192.168.1.1
netsh interface ip set dns “イーサネット” static 192.168.1.1

動作は下図の通りです。
netshコマンド実施後に指定の値が設定されていることが分かります。

なお、DNS設定の後に「構成されたDNSサーバーが正しくないか、存在しません。」とエラーが出力されていますが設定変更はされます。

表示が気になる方は「validate=no」オプションを付与すると表示されなくなります。

netsh interface ip set dns “イーサネット” static 192.168.1.1 validate=no

IPアドレス設定(DHCP)

コマンドプロンプトを管理者として実行し、以下コマンドを入力します。

netsh interface ip set address “イーサネット” dhcp
netsh interface ip set dns “イーサネット” dhcp

動作は下図の通りです。
netshコマンド実施後にDHCP有効が「はい」になっていることが分かります。

バッチファイルで効率化

コマンドプロンプトのコマンドなのでバッチファイル化出来ます。
バッチファイルを実行するだけでIPアドレスが変更できるようになるため、
複数パターンのIPアドレス変更バッチを作っておくと便利です。

メモ帳に実行するコマンドを入力して、ファイル名を〇〇.batにするだけです。
本記事の例の様にコマンドに全角文字が混じっている場合は
文字コードを「UTF-8」から「ANSI」に変更しましょう。

コマンドプロンプトと同様にバッチファイルも管理者として実行しましょう。

スポンサーリンク

・エンジニアスクール

ネットワークエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)

・転職

タイトルとURLをコピーしました