ネットワークエンジニアの勉強方法【本をまともに読めない男の結論】

勉強している社会人の平均勉強時間は1日たったの6分と言われています。
単純に毎日6分以上勉強し続ければ、平均以上のエンジニアになれる計算です。
でも僕は本を読んだり勉強するのが大の苦手で、1日6分でも大変でした。
そこで、根性論ではなく勉強を継続させる構造を整備することで、今もなんとか勉強を継続出来ています。
本記事ではその構造を共有します。

結論:もったいない精神

結論から述べると、
有料の勉強サービスを登録して「勉強しないと金がもったいない」状況に自分を追い込みました。

汚い話ですが、凄く大事だと思っています。
「この空き時間で勉強しないと無駄金になる」や「結果出さないと金払った意味がない」など、
ついつい甘えてしまう時にも自分のケツを叩くことができます。

継続的に勉強する方法

日経XTECH(日経新聞のIT専門ニュース)と、
日経NETWORK(ネットワーク特化の雑誌)をオススメします。

日経XTECHの良い所はガチガチの勉強サービスではなく、
シンプルに要点が纏められたITニュースであるということです。

通勤や昼飯中の空き時間にガッツリ勉強は疲れますが、
ニュース流し見なら精神的負担が軽いです。

記事内容も良く、最新技術の動向や便利な業務ツール紹介、
特定トピックに集中した特集など幅広いです。

ネットワークだけではなく、ITに関連した幅広い記事を読めるので、
課金制ニュースサイトとしては別格にコスパが良いです。

https://xtech.nikkei.com/

日経XTECHのネットワークカテゴリのスクショ

日経NETWORKの良い所は紙の雑誌を月1で届けてくれる所です。
物があると「読まなきゃ」と動機付けになります。

内容は超ネットワーク特化
技術紹介やトラブル事例、ネットワークに関連したニュースのトピックなど、
絵を使った分かりやすい説明が特徴で、ITに詳しくない人に向けた説明の参考になります。

トラブル事例では、そのネットワーク環境が図示されていたりするので、
構成特有のトラブルだけではなく、ネットワーク構成の参考にもなります。

日経NETWORK(手元に雑誌があると、ふとした時に読めて嬉しい)

サービス登録はこちら(広告リンク)

日経XTECH会員登録

日経NETWORK定期購読

体系的に勉強する方法

僕は資格信者です。
体系的にネットワークを学ぶならCCNAがベストだと思っています。

CCNAの勉強に最適なWebサービスがPing-tです。

Ping-tは疑似問題を受けられるWebサービスですが、問題数・種類・解説が非常に豊富。
ある程度無料で利用できます。
(無料でLinuC/LPICやOracleも勉強可能、有料でCCNPの勉強も可能)

他のユーザとのコミュニティ(受験記や助け合い)もあるので、モチベーション維持も出来ます。

僕は通勤時間に、模擬問題を5問ずつ繰り返しでやっていました。
(25分集中→5分休憩を繰り返すポモドーロ・テクニックの考え)
スキマ時間に勉強しやすいのも本サービスがオススメな理由です。

https://ping-t.com/

Ping-tのCCNA模擬試験の選択画面(他にも数多く問題あり)

基礎知識を勉強する方法

ニュース/雑誌や資格勉強の中で疑問が生じた際は、
ネットワークエンジニアとして3分間ネットワーキングをオススメします。

ネットワークエンジニアとしては言わずと知れた超優良サイト。
勉強コンテンツや機器の実機Config例が桁違いに豊富。

ブログ主の方はCCIE(ネットワーク最上位資格)を持っており、実力は折り紙付き。

ネットワークエンジニアとして
ネットワークエンジニアに必要なネットワーク技術とCisco・Juniper・F5製品の技術解説。NWエンジニアの仕事内容や年収を紹介。ネットワークスペシャリスト、CCNA/CCNP/CCIEの情報発信。

3分間ネットワーキングはネットワーク初心者に向けサイト。
教授と助手の会話形式でネットワーク技術を解説してくれています。

ブログ主の網野氏は日経NETWORKに連載を持つほどの知識人です。
毎月楽しみに見させてもらっています。

3 Minutes Networking

仲間やコミュニティの存在

仲間が居れば協力も出来ますし競争も出来ます。
独りで頑張り続けるのは本当に大変です。

僕はネットワークの恩師が会社で勉強会を開いてくれました。
そこで実機を共有して検証したり、試験対策を共有していました。
人に教えることもあるので、リーダー職の練習も出来ました。

そういった勉強会への参加。または自分で開催してみるのを強くオススメします。
大変なこともあると思いますが、必ず良い時間になります。

まとめ

・日経のサービス最強!(僕は日経の回し者ではありません。逆に回してほしい…)
・僕の人生を良くしてくれたPing-t、ネットワークエンジニアとして、3分間ネットワーキング最高!
・一緒に勉強してくれた仲間ありがとう!

常に学び続けないと厳しい業界なので、
精神的に負担にならない勉強強度で、継続して学び続けるのが凄く大切だと思います。

もし忙しすぎて、それすら難しい様でしたら転職も視野に入れてもいいかもしれません。

皆さんのエンジニア人生がより良くなることを願っています。

スポンサーリンク

・エンジニアスクール

ネットワークエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)

・転職

タイトルとURLをコピーしました